« オホーツクサーモン | トップページ | オホーツク激シブ! »

2009年9月13日 (日)

とまりマラソン2009&神恵内サーモン

今日はとまりマラソン。このマラソンは走り始めのきっかけになった大会。毎年5㎞にエントリーしている。さらに、一昨年23分台で完走したのに昨年24分台と記録を後退させてしまった痛恨の大会だ。今年は是非とも23分台に返り咲きたいと思っているのだが、フルマラソンの練習ばかりでスピード練習が少なく、4分/㎞台では1㎞以上走っていない。非常に不安なのだが、とまりマラソン終了後に神恵内のサーモンの様子を見に行くという楽しみもあるのでちょっとワクワク?

9月13日は朝からしとしと雨。とまり到着時も小雨模様。

P9130008  

 

 

←3㎞の部を応援 

 

 

 

先にスタートした3㎞の応援をし、その後ウオーミングアップ。軽く汗をかいてスタート地点に集合。目標の23分30秒には4分40秒/㎞のペースで走らなければならない。作戦は最初の入りを5分/㎞とし、体調を見ながら少しずつペースをあげようと決めた。スタートの合図とともに集団が動き出す。危ないので最初はゆっくりと。しかし、その後周りのペースに合わせて走る。これが結構早い。ガーミンフォアランナー405でペースを確認すると4分45秒/㎞くらい。このペースに合わせて行くことにした。1㎞、2㎞、と同じようなペースで走る。それほど足に来ている感じもない。だが、ペースをあげるのは最後の1㎞にしようと我慢する。沿道の泊村のおじちゃん、おばちゃんの声援がとってもうれしい。そして最後の1㎞。まだ、スパートする力があることを確信し、ラストスパート。そしてゴールへ。

1㎞ 4:38

2㎞ 4:28  9:06

3㎞ 4:47  13:53

4㎞ 4:38  18:31

5㎞ 4:10  22:41

2009  

 

 

 

 

←目標を大きくクリアーして完走!! 

 

 

 

 

 

 

 

そして、すぐに神恵内へ。

P9130009  

 

 

←アングラーは少ない。  

 

 

 

古宇川河口の海岸にはサケが数匹背びれをだして泳いでいる。アングラーは1人。しかし釣れていないようだ。準備をして海岸に立つ。昼のサーモンは活性が低いのでルアー単体での攻めには非常にきびしい。それでも過去にミノーにアタックしてきたことがあったと心を奮い立たせてキャスト。Trucha-Boron 92XH(ベイト)にジリオンPEスペシャル100HのタックルでkomomoSF-125を

キャスト!キャスト!キャスト!

反応がない。サケのもじりはある。時折ジャンプもしている。ここで、タスマニアンデビルにチェンジ。そして

キャスト!キャスト!キャスト!

すると、

ピカーッ!!!!!!

ゴロ~ゴロゴロ~!! 

雷が!!!!!!!! 

そして豪雨!!!!

それでも釣りたい・・・・・・・と思いながらキャスト。

再び

ピカーッ!!!!!!

ゴロ~ゴロゴロ~!!  

危険なのでこれにてストップフィッシュ!!!

釣行記が少ないとのあちらことらからの苦情?が多いのだが、なかなか釣れないのだからしょうがないでしょう?今日久しぶりにあったタッチャンから、

マサがブログの更新がこのところなくて、たまにアップするかと思えばマラソンネタばかりで釣りネタが少ないと文句を言っていましたよ。

と言われてしまった。来週は釣りに専念したいと思っているので期待してね!!

|

« オホーツクサーモン | トップページ | オホーツク激シブ! »

コメント

5キロ走った後にサケ釣りする人なんてBBR2号さんしかいないですよ。
さすが根性のルアーマンsign03 今日、オホーツクから帰ってきました。サケはかなりいますが食いが渋くて3本しか釣れませんでしたsad 跳ねてるのは銀ピカなのにまったく反応しないのはどうしてなんでしょう?

投稿: マッキー | 2009年9月15日 (火) 19時33分

マッキー!コメントありがとうございます。
雷が怖くて、撤収してしまった根性なしのルアーマンです。
BBR2号も今週末オホーツクへ行けそうです。乱獲目的じゃないので1本で十分です。遊んでくれる魚がいることを祈りながら行ってきます。

投稿: BBR2号 | 2009年9月15日 (火) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156928/46201795

この記事へのトラックバック一覧です: とまりマラソン2009&神恵内サーモン:

« オホーツクサーモン | トップページ | オホーツク激シブ! »